M&Aをサポートするパートナー

CVPC 企業活性パートナーズ株式会社 CVPC 企業活性パートナーズ株式会社

お問い合わせ先
お問い合わせ先

CVPCの特長

強力な財界ネットワーク

企業のトップマネジメントに対して直接M&Aの提案・交渉ができるということが、M&A実現のための最も重要な要因のひとつです。
親会社である日本ベンチャーキャピタル(NVCC)の株主および役員には日本の財界を代表する企業と経営者が名を連ねており、当社はそのネットワークを活用して大企業をはじめとする様々な企業のトップマネジメントへ直接コンタクトすることが可能です。

豊富な成約実績

当社のメンバーはM&A等を通じてこれまでに5,000社以上の企業にアクセスし、100件以上のM&Aの成約に関与しました。成約事例は業界再編に係る大型M&Aから中堅・中小企業の事業承継M&Aまで規模、業種にとらわれず幅広く、また様々なM&Aスキーム(合併、経営統合(株式交換、株式移転)、会社分割、株式譲渡、増資、事業譲渡等)について豊富な実務経験がございます。

提案力

「この業界は将来こう変わるのではないか。」こうした仮説や業界から得た活きた情報をベースに、戦略的かつ具体的なM&Aのご提案を行うことができるのも当社の特長のひとつです。このような提案をするためには、業界知識、個別企業の経営戦略に関する理解、顧客ネットワークなどに加えて長年の実務経験に基づく柔軟な「発想力」が必要となります。当社のメンバーはM&Aの実務経験20年以上のプロフェッショナルであり、企業様のM&Aニーズに基づいて業務シナジーと企業価値の向上が見込まれるような適切な相手候補企業(「よいお相手」)をご紹介することが当社の重要な役割のひとつです。

Mind & Art

M&Aは、Mergers & Acquisitions(合併と買収)の略ですが、M&AにはこれをMind & Art(「こころ」と「職人的なノウハウ」)と置き換えてもよいような要素もあるというのがわたしたちの想いです。
M&Aをサポートする上でわたしたちが大切に考えるのは、合理性や論理性だけではなく、会社を思う経営者の「こころ」です。経営者の「こころ」を深く理解して慮ることが、本当に顧客の立場に立った適切なアドバイスを提供するためには不可欠であると考えています。わたしたちは、従業員をはじめとするステークホルダーにも配慮しつつ、「心のかよった」M&A助言サービスの提供を心がけております。
また、M&Aのプロセスにおいて、企業価値評価、ストラクチャリング(合併・株式譲渡譲受などのM&Aの形態)、合意事項・確定契約の調整実務などは、様々な条件等を複合的に考えあわせて設計していく「アート」にたとえられることがあります。当社には、法律、会計、税務、財務分析などの専門的知識に加えて、M&Aの「アート」とも言われる上記の領域についても豊富な経験に基づく言わば「職人的なノウハウ」の蓄積もあります。